Me and my Roses,Roses and me!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年08月20日 (月) | 編集 |
いつもご覧いただきありがとうございます

暑い日が続いていますね。東北人にはかなりきつい関西の暑さですが、少し慣れてきました。早いものでこちらに来て2度目の夏となりました。
DSCF1082.jpg


先日、ERプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント様を芽接ぎしてみました。
DSCF1092.jpg

芽接ぎ時には台木の上部を切り取るとほとんどの本に書いてあると思いますが、枝を一本だけ残し接いでみました

お世話ななっているブロ友さんが書いていた記事に芽接ぎの失敗は台木に原因があるのでは?というものがありました。
それをヒントに考えてみました。夏の暑さで弱っている台木の上部を切り取ることは更にダメージも大きいのでは?と。
接ぎ木で活着するというのはケガをした部分を治そうとして接着剤のような細胞がたくさんできて台木と接ぎ穂がくっつくのです。
だから、台木が元気じゃないと傷を治せないんです。それに治すのにも栄養が必要です。だから、光合成をするための葉っぱも必要だと考えました


更にブロ友さんからのアドバイスで残した枝も切り詰めました。そちらの新芽を伸ばすためばかりに栄養がいってしまわないようにするためです。
私のやり方が正しいとは限りません。

たぶん私の考えは父が獣医で自分もペット医療に関わっているから、っていうのが大きいんだと思います。最近、父みたいに自分が理論的になってるかもしれない。やっぱり親子です

ちなみに私は普通の接ぎ木テープが好きです。ニューメネデール?だったかな?強度が弱く、便利だけど、引っ張りすぎると切れてしまうのであまり好みではないです。変わり者なので

活着を確認したら、上部は切り取ります。

芽が少し伸びてきました楽しみです。

また、様子を報告しますね。

いつも応援ありがとうございます。ランキング参加中です。気に入っていただけたら、帰りにぽちっとクリックお願いします
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。