Me and my Roses,Roses and me!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年09月07日 (金) | 編集 |
いつもご覧いただきありがとうございます
コメントとかいただけていつも励みになっています!

スイートピアッチェさんが開花したのですが、絞りが出ています。写真だとわかりにくいですね。
この子は枝変わりしやすく、イブNo.6が出たり、イブ・ピアッチェが咲いたりと面白い子です。
DSC_0377.jpg
前回イブNo.6が出た枝にまた蕾をつけているので、もうすぐ開花しそうです。
また、出たら枝変わり確定ですね

さて、New Roses別冊、オールドローズ好きのOld Roses買っちゃいました♪小山内さんの記事もありますよー!
オールドローズ好きの方はぜひどうぞ。

HTから入った私はオールドローズ歴まだ2年ですが、この本読んだらオールドたまらなく好きになりました!
ついつい、フェリシテパルマンティエを買ってしまいました。
開花は来年ですが、今から楽しみです。


ランキング参加中です。気に入っていただけたら、帰りにぽちっとクリックお願いします
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


2012年07月23日 (月) | 編集 |
ご覧いただきありがとうございます

Bibi maizoon様を入手しました。

1989年 David Austin作出
交配親 'The Reeve' x 'Chaucer' お母さんはチョーサー様なのです。
樹高 1m
中輪 ディープカップ~ロゼット咲
 
今は生産されていないヴィンテージのERになります。
花弁が多すぎて開花に数週間もかかる子のようです。
名前はオークションで命名権を落札したアラブの王様の娘さんの名前のようです。アラブのお姫様ですね
小型のシュラブで鉢植え向きです。開花しましたらアップしますね。

DSCF1045.jpg
この子はスイートピアッチェさん。イブピアッチェの枝変わりです。某人気バラ園さんのイブシリーズです。
この暑さであっという間に開いてしまいました。花期の短い子です。
スノーピアッチェとどう違うの?っていう長年の疑問を解決してくれる方がいました。感謝感謝です。
生産者が違うので名前が違っているだけで同じもののようです。
うちのスイートピアッチェさん、実は幻のナンバリングシリーズ、イブNo.6が時に現れて咲きます。
あのストライプが入るんです。
写真がなくて残念ですが、今日の写真の花より少し早く咲いた花にもストライプが入りました。今日撮ろうとしたらもう散りかけていましたので、また今度

しかし、イブピアッチェには枝変わりがたくさん発生します。
同じイブピアッチェの枝変わりのピンクイブピアッチェとフレグランスオブフレグランシズもそっくりですが、違いがあるのでしょうか?
どちらにしても元はイブピアッチェですから、似ていて当たり前ですね。

うちのイブピアッチェ様も枝変わりしないかな?と楽しみに待っております。

ちなみにイブピアッチェ様の交配親はこちら。
{(Pharaoh× Peace)×(Chrysler Imperial × Charles Mallerin)}×Tamango


複雑な交配ですから、この交配親達の性質が顔を出したんですかね。

枝変わりが多いと言えばERメアリーローズもですね。
メアリーローズの枝変わりのルドゥーテは親であるワイフ・オブ・バスが出てきたんでしょうね。
ワイフ・オブ・バスがほしくて大阪泉南市のデビッドオースチンロージズに行った時、在庫を聞いたら、秋に輸入されるから待ってと日本語がうますぎるイギリス人の方に言われました。
早くお迎えしたいです!

ではでは。

ランキング参加中です。気に入っていただけたら、帰りにぽちっとクリックお願いします
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


2012年07月20日 (金) | 編集 |
ご覧いただきありがとうございます

ここの所かなりお疲れでバラ達の手入れもできてなかったのでした。震災から1年4か月が経ち、私も少々精神的に疲れてきました。
でも、今日から息子が夏休みなので私ものんびり過ごします。
またスマスイに行かねばー!

昨日、育ち過ぎたHTマイガーデンさん、Delグランシエクルさん、HPジョンホッパーさん、HTラガーフェルドさんの鉢増しをしました。
20代だというのにおばちゃんみいに腰を痛めていたので、腰に湿布を貼りながらの作業です。
もちろん、尊敬するきむたく店長様のとこのバラの家バラ専用培養土です。これを使いだしたら他の土はもう使えません。
この時期の植え替えはあまりよくないのはわかっていますが、もうどうにもこうにもならないくらい根詰まりしていました。
(今年春に購入なのに)

しばらくは少し乾燥気味にして、日当たりの悪いところで管理します。根が落ち着いたら日に当てます。
この時期にいじると弱ってしまう可能性はわかっていますが、緊急事態ということで。

DSCF1038.jpg
さて、切り花種ジュラルディーンさんが開花です。
挿し木7か月目でかなり育ってきたので1つだけ咲かせました。
強香だし、このひらひらの花びらがとってもかわいい子です。甘いローズ香にフルーツが混じる感じがたまらないですねー(*´∀`*)グランシエクルさんの香に似ています。
ガーデンローズに比べたら黒点に極端に弱いけれど、切り花種にしては強いバラです。
もう少し大きくなったら、接ぎ木しようと思っています。

DSCF1039.jpg

ERチョーサー様の蕾も大きくなり始めたので今からとても楽しみです。
DavidAustinのリストから外れたバラは生産されなくなりますが、リストから外れても古くてもいいバラってたくさんありますよね。
チョーサー様は優秀な交配親です。たくさんのバラの交配親に使われています。初期のERで1970年作出、リストからも外れていますから、もう取扱いもあまりないですよね。いいバラなのに残念。
私は初期のERも大好きです。ヘリテージさんやグラハムトーマスさんだって初期のERですよね。

私が生まれた1983年作出のタモラというアプリコット色のERを探しています。
古いERだし、取扱いもあまりなくて、取扱いしてるお店でも在庫なしになっていました。
本で見て私の生まれた年ってのと色と花形が気に入ったし、ERには珍しいブッシュ樹形ってのも魅力的で欲しくなりました。
もし、販売しているお店を知っていたら教えてください。

ランキング参加中です。気に入っていただけましたら、帰りにぽちっとお願いします
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。