Me and my Roses,Roses and me!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年07月02日 (月) | 編集 |
ご覧いただきありがとうございます。

今日も交配親についてのお話の続きです。

今日はブルーローズの交配親を調べてみました。

まずは銘花、ブルームーンさんから。
このバラを1964年にタンタウ社が発表したことでブルーローズブームといいますか、1974年メイアン社のシャルルドゴールと続き、各ナーセリーが次々にブルーローズを発表しました。
バラには青い色素がないとされていたため、紫のバラから赤みを抜いたバラをブルーローズとしていました。
しかし、最近の研究では青龍と言うバラからバラ独自の青い色素"ロザシアニン"が発見されたのです。
青龍についてはまた明日のお話です。。

b.jpg
こちらはブルームーンさん。

1964年 M Tantau 作出
交配  (Sterling Silver × 実生) × 実生


ブルームーンの親はスターリングシルバーなんです。元をたどればブルーローズの先祖はスターリングシルバーだったんですよね。
青いお月様我を忘れる香りと絶賛される強いブルーローズ香を持っています。ブルーローズ独特のレモングラスを思わせるシトラス系の爽やかな香りです。後のブルーローズ達はこの香りを継いでいく事になります。
整った花型と赤みが全くないラベンダー色に世界中が虜になり、今も銘花として愛され続けています。
一つ難点は黒点病に弱い事です。

続いてシャルル・ド・ゴールさん。
d0141365_224312.jpg


1974年 Meilland 作出
交配親 (Blue Moon×Prélude)×(Kordes' Sondermeldung×Caprice)


やはり交配親にブルームーンが使われています。花色はブルムーンよりも少々赤身が強いと感じる部分がありますが、ブルムーン譲りの強いブルローズ香があります。樹勢も強く育てやすいバラです。
名前は前フランス大統領、シャルルドゴール将軍より。


次は、独特のシックな色合いのジュリアさん。
とても黒点病に弱いのですが、実はブルームーンの子供なんです。これでジュリアさんが黒点病に弱いのも納得です。

1976年 Wisbech Plant Co 作出
交配親 Blue Moon × Dr.A.J.Verhage


続いてブルームーンのお母さんのスターリングシルバーさん。アメリカ生まれのHTです。

1957年 Gladys Fisher 作出
交配親 実生 × Peace


DSCF0261.jpg
こちらはスターリングシルバーのお母さんのピースさん。

実は親がピースなんですよ。なぜピースから淡いシルバーブルーのバラが??
ピースは不思議なバラです。

ピースの子供で有名なのがプリンセス・ドゥ・モナコさん。ピンクと黄色のグラデーションのピースとオレンジのグラデーションのアンバサダーとの交配で生まれたピンクと白のグラデーションのプリンセス・ドゥ・モナコさん。
面白いと思いませんか?

DSCF0269.jpg
こちらはモナコさん。アンバサダーさんの写真がありません。

ブルーローズの元もだどったらピースだったなんで意外だと思いませんか?

元がピースなら耐病性は◎のはずなんですが現在のブルーローズになるまでに複雑な交配でいろいろな親の性質が混じりいつの間にか病気に弱いバラへと変化していってしまったのでしょうか?

次回は日本の青バラについてのお話です。


ランキング参加中です。気に入っていただけましたら、帰りにぽちっとお願いします
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんわ♪えいみーさん
頭を整理しつつしっかり勉強させてもらいました

そうですよね~バラを作られる方は青バラを作って
みたいときっと誰もが思ったことでしょう
青龍のお話が楽しみです^^
1番青いバラだと言われてますものね


ブルーヘブン様♪素敵ですね
こんな青に出会いたい(≧∇≦)
2012/07/03(Tue) 22:00 | URL  | sora #-[ 編集]
はじめまして
こんばんわm(__)m
バラノワからやって参りました

記事勉強になりました
ブルームーンいい色ですね
そういえばサントリーからも青バラの話題出てましたっけ
2012/07/04(Wed) 00:46 | URL  | BMCたか #PcAjWLtM[ 編集]
いらっしゃいませー!
sora様
ご覧いただきありがとうございます。
読んでいただけて嬉しいです!前から交配親について書きたかったんです。
ブルーヘブンは本当にきれいなバラですよ♪

たか様
いらっしゃいませ♪
読んでいただけて光栄です。
ブルームーンって本当に綺麗なラベンダー色ですよ!大好きなバラです。

サントリーフラワーズのアプローズは遺伝子操作ですみれの青い色素をバラに組み込んだ全く新しいバラなんですよ!すごい時代になりましたねー
2012/07/04(Wed) 08:32 | URL  | えいみー #QUJdBIVU[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。