Me and my Roses,Roses and me!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年07月08日 (日) | 編集 |
ご覧いただきありがとうございます。

今日は日本のブルーローズについてです。

ブルーローズを作り出すことは不可能とされていました。
それは、バラには青い色素がないからです。
でも、現在は青龍からバラ独特の青い色素ロザシアニンが発見されました。
もしかして昔は本当にバラには青い色素がなかったのに交配を繰り返すうちに青い色素が出来たのかもしれないですね。
しかし、青龍は花粉をあまり出さないため交配は極めて難しいのです。青龍の子供に青雅があります。青龍よりも青いと言われていますね。青雅の誕生は奇跡といえるのかもしれないですね。

青龍の子供、青雅。

私は河本バラ園さん作出のブルーヘブンを見た時に一目惚れしました。なんて青く美しいバラだろうと。青いバラに魅了されました。
それから、ブルーローズを集めるようになりました。
ブルームーン、ブルーリボン、マミーブルー、ステンレススチールなど。
調べていくうちに海外のブルーローズと日本のブルーローズの親達が違った系統だって気付いたんです。
日本のブルーローズは切り花系の血が混じっています。
そのために花つきはいいのに樹勢が弱いという難点が出てきます。自分の体力以上に花をつけるため疲れ果ててしまうからです。

ではブルーヘブンの交配親から見ていきます。
DSC00855.jpg
FLブルーヘブン
2002年 河本バラ園作出
交配親 Ondina × Parple Rain


実はこの交配親であるオンディーナは青龍の片親でもあるんです。
ブルーヘブンが青龍につぐ青みを持っているのはこのオンディーナの遺伝子では?と私は考えています。

次はもう片親パープルレインの交配親です。

HTパープルレイン
1994年 河本バラ園作出
交配親 Chantilly Lace × Blue Moon


やっぱりブルームーンにたどり着きました。ブルーヘブンにはブルームーンから続く遺伝子がきていました!
パープルレインは切り花系なんです。河本バラ園さんのバラはユニークで切り花系を先祖に持っています。あの独特のバラの雰囲気は切り花系が入っているからなんですね。

続いて青龍の交配親です。

HT青龍
1992年 小林森治作出
交配親 Ondina × (Madame Violet × 実生)


実はマダムビオレが交配親に使われています。
この青龍、そしてオンディーナを作出した小林森治さんは青バラの育種家として大変有名な方です。
生涯をバラに捧げた日本が誇る偉大な育種家です。
亡くなられた後は奥様が森治さんの意志を継ぎ青いバラを作出続けました。
素敵な話ですよね。

マダムビオレの交配親はこちら。

HTマダムビオレ
1981年 寺西菊雄作出
交配親 (Lady X×Sterling Silver)×Sterling Silver


日本のトップブリーダー寺西菊雄さんが作出。やはりスターリングシルバーにいきつきました!
 

続いてブルーヘブン、青龍の片親、オンディーナの交配親を見ていきます。

FLオンディーナ
1986年 小林森治作出
交配親 ((たそがれ × 実生)× 実生)× すみれの丘


たそがれが交配親に使われています。

もう片親、すみれの丘の交配もみていきましょう。

CLすみれの丘
1979年年 小林森治作出
交配親 ((たそがれ×実生)×(実生×たそがれ))×(実生×(実生×みかも))


このすみれの丘、実はつるバラなんです。意外ですよね?でもやはりたそがれが使われています。

さらにたそがれの交配親を見ていきます。

FLたそがれ
1977年 小林森治作出
交配親 Gletscher × (Starling Silver × Gletscher)


ついに青バラの先祖スターリングシルバーにいきつきましたね。


やはり青龍の交配をさかのぼるとスターリングシルバーにいきつきます。スターリングシルバーの誕生がすべての青バラの先祖につながっているのです。
つまりスターリングシルバーの交配親ピースから全ては始まっているんです。

ピースはバラの進化に大きな役割を果たしました。ピースからあのスターリングシルバーが生まれ、スターリングシルバーから現在の青バラ、そして青龍へとつながっていく。
そこには育種家達の夢と希望と長い長い歴史がつまっています。
ピースの誕生でHTが最盛期を迎えることになりました。もし、ピースというバラが存在しなかったら今現在の青いバラの誕生はなかったかもしれまれん。
それを考えても歴史上もっとも偉大なバラはピースと言えるのかもれませんね。

私はいつか全く違う系統の青バラを作り出したいと思っています。病気に強く樹勢が強く美しいバラを。
全く新しいブルーローズを作り出したいと夢見ています。
夢のまた夢かもしれないですが夢は大きく。

では、おやすみなさい。

ランキング参加中です。気に入っていただけましたら、帰りにぽちっとお願いします
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは~
サントリーのブルーローズはどういう位置に入るのかな?
2012/07/09(Mon) 22:31 | URL  | kou #JTSJ6nns[ 編集]
おはようございます♪
サントリーのアプローズは遺伝子操作ですみれの色素をバラに組み込んだものなんですよ。
交配じゃないので親がいないんです。
新しいですよね!
2012/07/10(Tue) 09:03 | URL  | えいみー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。