Me and my Roses,Roses and me!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年07月08日 (日) | 編集 |
ご覧いただきありがとうございます。

今年1月に実験をしてみました。芽のない接ぎ穂を接ぎ木したらどうなるのか?というものです。
活着したものの新芽は出てこずにいましたが、3か月ほどかかりついに新芽が!
DSCF0961.jpg

結果は普通に芽のあるものを接いだ方が成長も早いし、おおきくなるなあということで。
次からは普通に接ぎ木します。

今朝、HTジュリアさんが開花していました。春よりも花弁数も少なく、黄色が強くでてますが、このシックな色合いが好きです。

1976年 Wisbech Plant Co作出
香り 微香
樹高 1.3m~1.5m
交配親 Blue Moon×Dr.A.J.Verhage

DSCF0963.jpg

ブルームーンの性質をかなり受け継いでいるので黒点病には要注意です。かかりやすいので鉢で育てて雨にあてないのがいいと思います。
とても黒点にかかりやすい反面、うどん粉には強かったりします。
それも、ブルームーンの性質を強く受け継いでいるせいだと思います。

ではでは。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
えいみーさんおはようございます♪
青バラのお話し、引き込まれるように読んでしまいました
うーーんなるほど!
私も最初は小林さんの青バラに一目ぼれ!
それから河本さんのバラへと・・・
青バラは確かに難しい面がありますが咲いた時の喜びは
ひとしおですよね~


えいみーさんすごい!しっかり新芽がヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
ジュリアさん開花ですね
春に比べると花弁数が少ないのはどのバラもそうなのでしょうか?HTがそんな感じですわ我が家では・・・
2012/07/09(Mon) 09:24 | URL  | sora #-[ 編集]
おはようございます♪
いらしゃいませ(*´∀`*)
本当に小林さんのバラは引き込まれる魅力がありますよね。独特の色とバラに対する熱意を感じます。
河本さんのバラもあの雰囲気が好きです!

HTは一番花の後はかなりお疲れで花のサイズは小さくなりますよね。
2012/07/10(Tue) 09:06 | URL  | えいみー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。