Me and my Roses,Roses and me!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年07月31日 (火) | 編集 |
いつもご覧いただきありがとうございます。数日間外出などがあり、更新できずにいました。

本日も気温35℃を記録しております。暑いです水やりが一日に2回必要な季節になりました。
これからの挿し木はかなりきびしくなりますね。先月末に挿し木したバラ達の発根が遅いです。暑さのせいですね。カルスはできているのに発根していないような状態です。
これから挿し木をと思っている方は秋まで待たれた方がいいですよ。

今日はイングリッシュローズ、プリティジェシカさんの紹介です

DSCF1074.jpg

1983年 David Austin作出 私と同じ年の生まれ余計にかわいく見えます。
樹高 1メートル
香り 強香
交配親 ワイフ・オブ・バスの実生


名前はシェイクスピアの戯曲ベニスの商人の登場人物より。
樹勢はあまり強くなく黒点に弱い一面がありますが、このピンクで花弁の多さと強いオールドローズ香はたまらないですね。性質はやはりワイフオブバスゆずりで、花色、樹形ともに似ています。


ワイフ・オブ・バスさんも仲間入りしたので開花しましたら、ご紹介します
どちらもヴィンテージのERになります。

ワイフ・オブ・バスさん、私が大好きなERチョーサーと共にシリーズになっています。

詩人ジェフリー・チョーサーのカンタベリー物語の登場人物にちなんで名付けられています。

チョーサーはジェフリー・チョーサーより。

ワイフ・オブ・バスは第9話、Wife of bathより。

The millerThe reeve(チョーサーの子供)などまだまだ他にもこのシリーズはあるようですが、もうリストから外れ販売されていない品種になっているようです。
シェイクスピアやジェフリー・チョーサーの小説にちなんだ名前など名前一つにも物語があって面白いですよね。

気になる方はWikipediaのリンクをはってあるのでこちらをクリックしてみてください。

もう取扱いもなくなっている品種ですが、どれも交配親に使われるほど優秀なバラたちです。

ではでは。

ランキング参加中です。気に入っていただけたら、帰りにぽちっとクリックお願いします
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
えいみーさんおはようございます
35度ですか?きっと体感温度はもっと上でしょうね
アスファルトや車、エアコン室外機で昼間は人があまり
歩いてません(笑)

ジェシカさん、えいみーさんと同じ年の生まれですね^^
ピンクがオースチンらしい独特のピンクですね
ワイフオブバスさんにやはり似ている♪
一緒にカメラに写る日を楽しみにしてますねv-238

そうなんですよ~名前1つ1つ物語があって楽しいです
そういう由来なんだ!まさにピッタリ!なんて一人でうなずいていますよ私もv-221
2012/08/01(Wed) 10:58 | URL  | sora #-[ 編集]
soraさん
こんにちはいらっしゃいませ!いつもありがとうございます♪
35℃になってくるとアスファルトからの熱がひどいです。駅そばなので買い物のお客さんがたくさん歩いていますが、皆さん暑さに慣れているらしく涼しい顔をしています。東北人の私だけ汗だくですわ

私、オースチンらしいこのピンクに弱いんですよ私の求めるピンクの理想そのものなんです!
次はクイーンオブスウェーデンを入手したいなあと思っています!
よくバラの名前を覚えられないって話を聞きますが、名前の由来を聞くと覚えられますよね。一つ一つストーリーがあって
ERはシェイクスピアの登場人物の名前多いですよね。
2012/08/01(Wed) 15:25 | URL  | えいみー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。